AviUtl Script

トレビ再現スクリプト

トレビ再現スクリプトは、最近の鉄道車両にて採用されているトレインビジョンをAviUtlで再現する際に使用できるAviUtlスクリプトです。

Ver.0.0.3(最新版)
最新版では、以下の機能が追加されています。
・角丸図形に対応
・オブジェクトにクリッピング等のエフェクトをかけることが出来るよう対応
・終着駅、途中終着駅の路線図の表示に対応
なお、しばらく使い方を詳しく解説する時間が取れそうにないため、Readme.txtをご覧いただき、理解できる方のみのご利用に限らせて頂きます(最新版の使い方に関する質問には、しばらくお答え出来そうにありません…)。
なお、トレビ.anmに関しては何も更新しておりませんので、上書きを求められた場合には、上書きしてしまって結構です。

ファイル名・バージョン トレビ再現スクリプト Ver 0.0.3
最終更新日 2018/3/30
ダウンロード trainvision0_0_3.zip (8kB)

Ver.0.0.1(通常版)

ファイル名・バージョン トレビ再現スクリプト Ver 0.0.1 (サンプルファイル付)
最終更新日 2014/10/21 (Readme.txtの内容を一部変更)
ダウンロード trainvision0_0_1.zip (17kB)

トレビ再現スクリプトの使い方

使い方に関しては、以下のYouTube動画をご覧ください。
また、最新版に追加された機能に関しては、Readme.txtをご確認ください。


TOP » AviUtl Script

inserted by FC2 system